任意整理

任意整理と自己破産の違い

投稿日:

債務整理をする場合、ほとんどは任意整理か自己破産です。

この2つの大きな違いは、借金がなくなるかなくならないか、です。

自己破産……借金はなくなる(免責が下りれば返済義務がなくなる)
任意整理……借金はなくならない(返済しなければならない)

自己破産は借金がなくなりますが、申し立てをすればなくなるというわけではありません。免責が認められて(下りて)、はじめて借金がなくなります。
任意整理は借金がなくなりません。ただし、債権者(消費者金融やカード会社など)と交渉し、将来的な金利(これから発生する金利)をなくしてもらったり、返済期間を延ばしてもらうので(3~5年間)、返済が楽になります。また、交渉しだいでは、残債(残っている借金)を減額することができます。つまり、任意整理では返済可能な条件にしてもらい、返済していくわけです。

とくに、持ち家などの大きな資産がなければ、任意整理か自己破産のどちらかで債務整理を進めていくことになると思います。
その際、ポイントになるのが、返済能力です。
返済期間を延ばしたり、金利をカットしたりして返済可能であれば任意整理で、返済不可能であれば自己破産になります。つまり、返済能力があれば任意整理、返済能力がなければ自己破産ということです。

この2つの違いをよく把握し、どちらがいいか判断しましょう。大きな違いは、借金がなくなるかどうか。任意整理は借金がなくなりませんが、自己破産はなくなります。任意整理は将来的な金利をカットしてもらい、返済期間を延ばして返済していきます。自己破産は免責が認められれば(下りれば)、借金の返済義務がなくなります。

任意整理と自己破産の違いはどこにあるのでしょう。
任意整理というのは、司法書士や弁護士が債務者に代わって債権者と交渉するもので、利息制限法で引き直した残額を3~5年で分割返済する手続きを指します。
自己破産は、多額の借金などで経済的に破綻してしまった結果、完全に弁済することができなくなった場合、全ての財産を換価して、破産の申立てをする行為を指します。
自己破産すると必要最低限の財産以外は全て処分されますが、借金が全てなくなるので、新たな第一歩を踏み出すことができます。
任意整理の場合、法定利息の引き直しをするので減額後の利息はゼロになりますが、借金は返済しないといけません。
自己破産の場合は、借金はすべて免除されます。
任意整理は、法定利息で計算し直すことで借金を減らすので、借りていた期間が長いほど、減額される金は大きくなります。和解が成立すれば、その後の利息はカットされます。任意整理すると、これから先の返済についての利息はなくなるので、返済が楽になります。
任意整理と自己破産の大きな違いは、自己破産すると、借金が全額免除されるところです。

-任意整理

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.