任意整理

任意整理にかかる費用を抑える方法

投稿日:

任意整理を経験した私が、任意整理の費用を抑える方法について解説します。
場合によっては、10万円以上も費用を抑えることができます。
これから任意整理をしようという人は、ぜひ参考にしてください。

任意整理をしたいけど、費用がいくらかかるのかわからないので不安だ。
任意整理の費用をできるだけ抑えたい。

任意整理をする前、↑のように思いますよね。
任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると費用がかかります。
借入先が1、2社であれば、任意整理にかかる費用は数万円です(借入先が1社の場合、依頼を断るところもあります)。
しかし、借入先が多いと、10万円以上、20万円以上といった金額になってしまいます。

言うまでもありませんが、任意整理にかかる費用は少ないほうがいいです。できるだけ、抑えたいですよね。

任意整理の費用を抑える方法は、費用が安い弁護士や司法書士に依頼することです。

任意整理の費用は、弁護士や司法書士によって違います。法律事務所や法務事務所によって違うわけです。
金額の幅はけっこうあります。
借入先1社あたり2万円のところもあれば、借入先1社あたり5万円のところもあります。5、6社の任意整理を依頼した場合、かなりの金額差が出ます。
任意整理の費用は一括で払えないことがほとんどなので、通常は分割払いにしてもらいます。任意整理後(和解後)、しばらくは借金の返済と弁護士や司法書士への支払いが続くことになります。でうから、とにかく費用が安いところを探して依頼しましょう。

どこが安いのかわからない。
安いところを探している時間がない。

という方は、以下の事務所に相談してみてください。
こちらは、任意整理の費用が安い事務所です。
相談は無料なので、費用の金額だけでも聞いてみましょう。借入先の件数を伝えれば、教えてもらえるはずです。
そして、ほかと比べて安ければ、任意整理を依頼しましょう。

任意整理にかかる費用はいくらなのか?

任意整理にかかる費用は、弁護士事務所によって違いますが、大体、着手金については債権者1件あたり3万円以上はかかります。
また、債権者が主張する残債務を減額した分から10%の成功報酬が発生することになります。
過払い金返還については、成功すると、取り返した過払い金から20%の過払い報酬をとるところが大半です。
任意整理すると、弁護士費用がかなり掛かります。手数料として1社に付き3万円以上はかかり、事務手数料もとられます。大手の事務所の場合、法律で決められているうちの最高額の手数料になるところがほとんどなので、最終的に大きな額になります。
任意整理にかかる費用は、複数から借りている時は、十数万円かかることになりますが、無理の無い程度で分割できるようになっています。
弁護士費用は基本的に分割払いになっています。弁護士側も高い任意整理の費用を多重債務の人が一括で払えるとは思っていません。債務整理費用は基本的に分割払いなので安心です。
借金だらけの人でも弁護士費用が支払えるのは、弁護士に依頼した時点から借金の督促が止まり、その月から返済する必要がなくなるからです。

任意整理の費用を分割払いにする

任意整理の費用を分割払いにするのは、普通です。任意整理の費用は、法律事務所に依頼する場合、着手金が必要になり、大きな金額がかかることになります。そのため、着手金も分割払いできるところがほとんどです。着手金は、依頼が成功するか否かに関係なく必要になります。依頼が失敗に終わっても、弁護士は仕事として動いているので、法律事務所では着手金を必ず取ります。任意整理の着手金は債権者一件当たり3~4万円程度のところが多いので、5件の貸金業者から借金があると、20万円くらいは必要になります。これだけの金額を借金に苦しんでいる人が用意するのは困難なので、分割払いを可能にしているのです。着手金というと、依頼するとすぐに支払わなければいけないイメージがありますが、ほとんどの事務所では、着手金も分割払いできるようになっています。1年以内の分割が可能なところが多いのですが、個人的にも相談に応じてくれます。対応は法律事務所によって異なるので、任意整理の費用を分割払いにする場合は、色々な法律事務所をあたってみて、検討すると良いです。

-任意整理

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.