任意整理

任意整理の流れ

投稿日:

私の経験をもとに、任意整理の流れについてまとめました。

  1. 任意整理を依頼する弁護士か司法書士を探す
  2. 弁護士か司法書士に相談
  3. 任意整理を依頼する
  4. 弁護士や司法書士が債権者(消費者金融やカード会社)に受任通知を送付
  5. 返済が一時的にストップ(和解するまで)
  6. 弁護士や司法書士が債権者と交渉
  7. 債権者と和解(和解書を交わす)
  8. 任意整理後の返済スタート

任意整理の流れは、まずは専門家に相談し、債務整理の方法を決定していくことになります。最初に、弁護士や司法書士と相談します。任意整理するに当たっては、総借入額や債権者の数、取引履歴や家計の収支を検討します。そして自分名義の財産や収入があるかどうかを報告します。相談をもとに、専門家が、相談者に一番適している債務整理の方法をアドバイスします。次に専門家と委任契約をするのですが、貸金業者や債権者と和解契約を結ぶことになると、支払いが始まるまでは取り立てが停止します。弁護士や司法書士が代理人になって貸金業者に債務整理手続きを行なう旨の通知をすると、債権者は取り立てや催促を止めないといけなくなります。その後、貸金業者から明細が届くので、それを利息制限法によって引き直し計算します。そして引き直し計算をして残高が減った債務を、どのように支払っていくかを債権者に交渉することになります。和解に至ったら和解契約を締結し、返済開始という流れになります。自ら貸金業者に問いあわせて取引履歴を取り寄せたりするのは難しいので、専門家に代理人になってもらうのが一番です。

-任意整理

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.