借金問題

債務者だけじゃなく保証人も返済できない場合は?

投稿日:

保証人も返済できない場合、どうすればいいのか?

借りた本人が返済困難になった場合、保証人がいれば、そちらに請求がいきます。
保証人が、「ただの保証人」なのか、「連帯保証人」なのかによって状況が変わってきます。たいがいは、連帯保証人でしょう。返済義務があります。
なんとか、返済できればいいのですが(迷惑をかけてしまいますが)、返済できないのであれば、保証人は債務整理ということになるでしょう。
なるべく早く、債務整理に強い弁護士に相談してください。
まずは、借りた本人だけでいいでしょう。必要であれば、保証人の方も一緒に相談してください。

また、あなたが保証人になっている場合は以下の文を読んだ後、なるべく早く、債務整理に強い弁護士に相談してください。

保証人が返済できない場合はまず抗弁権を使用する

債務者だけじゃなく保証人も返済できない場合はどうすればいいのでしょう。
債務者が債権者に返済できなくなった場合、代わりに返済の義務を負うのが保証人です。借金では担保があり、担保を人にしたものが人的担保になり、それが保証人になります。債務者が返済できなくなると、保証人が代わりに返済しないといけないのですが、必ずしも返済できるとは限りません。保証人の返済能力は契約時にチェックされるのですが、時間が経つと経済状況も変わります。
借金が膨れ上がって債務者か返済できない場合、保証人が債権者から一括返済を求められますが、保証人にお金がない場合、抗弁権を使用することになります。債務者が滞納しても、保証人がすぐに弁済しなければならない決まりはなく、保証人は債権者に対して、債務者にまず借金を請求するよう進言することができます。これを催告の抗弁権と言います。
抗弁権を使っても債務者が借金を返済できない場合、保証人が支払うことになるのですが、それでも返済できない場合は、保証人も債務整理をすることになります。任意整理で利息カットしても返済できない場合は、個人再生か自己破産をすることになります。

-借金問題

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.