個人再生

個人再生と自己破産の違い

投稿日:

個人再生と自己破産の違いは、どこにあるのでしょう。
自己破産の場合、借金はゼロになりますが、個人再生の場合は、借金はゼロになりません。この点が大きく違うとところで、個人再生は、原則、3年かけて減額された借金を返済していかなくてはなりません。
また、個人再生は自己破産と違い、マイホームを残せる利点があります。
資格制限についても違いがあります。自己破産の場合、資格制限があります。手続き中は、弁護士、司法書士、税理士、会社の役員、保険募集員、警備員などの職業に就くことはできません。個人再生については、特に職業制限はありません。
個人再生の場合、自己破産のような免責不許可事由もありません。ギャンブルや浪費で借金をしてしまうと、自己破産をするのは難しくなりますが、個人再生の場合は、借金の理由は問いません。しかし、個人再生するには、自己破産と違って要件が必要になります。借金が5000万円以下で、継続的に安定した収入がある条件をクリアしないといけません。要件に合致しないと個人再生はできないので、自己破産より手続きは難しいと言えます。

-個人再生

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.