個人再生

個人再生のメリットとデメリット

投稿日:

個人再生のメリットは、債務が原則5分の1に減額されるところです。
個人再生には様々なメリットがありますが、もっとも顕著なのは、住宅を守ることができるところです。5分の1に住宅ローン以外の債務が圧縮されるので、苦しかった返済がとても楽になります。
自己破産と違い、住宅や車などの財産を手放さずに手続きできるので、負担が少ないです。マイホームを残すことができ、住宅ローン以外の借金を大きく減らすことができるので、日々の生活の負担が軽減でき、精神的にも楽になります。住宅ローンの返済計画を見直すことができる余裕が生まれます。
自己破産の場合、自由財産と呼ばれる財産以外は全て処分しないといけませんが、個人再生なら、家を残したまま借金整理ができます。住宅はどうしても残したい場合、個人再生を検討する価値はあります。
個人再生すると、債権者は強制執行できなくなるので、取り立てがストップします。
資格制限がないのも個人再生のメリットで、自己破産のように、一時的に就けなくなる職業がありません。
個人再生なら、ギャンブルや浪費が借金の理由であっても問題なく手続きができます。

個人再生のデメリット 官報に記載される

個人再生のデメリットは、借入が約5~10年間くらいはできなくなるところです。いわゆるブラックリストに記載されることになります。数年間は新たな借り入れができなくなってしまいます。個人再生が開始されると、信用情報機関に事故情報が登録されることになるので、ブラック状態になってしまいます。
官報にも名前が出てしまいます。国が刊行している機関紙に、自身の名前と個人再生をおこなったという事実が記載されるので、気になります。官報は一般の人が目にするようなものではないので、それほど心配しなくてもいいのですが、誰の目に触れるかわかりません。住所氏名が、官報という国が発行する機関紙に掲載されるといのは、決して名誉なことではありません。
個人再生は自己破産と違い、返済を継続できる収入がないと手続きできないのもデメリットです。借金の額を減らせるがゼロにはならないのもデメリットで、個人再生の場合、3年間という決められた枠の中で返済していかなくてはなりません。住宅ローンの金額を減らすことはできないのもデメリットで、安定した収入がなければ利用することができません

-個人再生

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.