個人再生

個人再生の手続きは弁護士に依頼したほうがいい

投稿日:

個人再生の手続きは、借金などの返済ができなくなった場合、債権者に対する返済総額を少なくするために行います。少なくなった後の金額を3年間で分割して返済するというのが、個人再生の手続きになります。
手続きするに当たっては、まず再生計画を立てます。その際、債権者の意見を聞きながら計画を遂行していきます。裁判所が無事認めれば、計画どおりに返済していきます。個人再生の手続きがなされると、残りの債務については免除されます。個人再生の手続き、まず小規模個人再生手続きがあり、これは個人商店主や小規模事業を営んでいる人に対する手続きになります。
手続きするに当たっては、借金などの総額が5000万円以下であり、継続的に収入を得る見込みがある条件が必要になります。給与所得者等再生手続きは、サラリーマンを対象とした手続きで、同じく、借金などの総額が5000万円以下で、継続的に収入を得る見込みがないといけません。また、収入が給料などで金額が安定している必要があります。
個人再生の手続きは、あくまで申立人が主体的に手続きを進めていかなくてはなりません。

 

個人再生の手続きを弁護士に依頼するメリット

個人再生の手続きは弁護士に依頼するのが無難です。
自分で個人再生を申し立てるとなると、何かと大変です。弁護士に依頼すれば、安心して個人再生を任せることができます。見通しが分かりやすく、弁護士に依頼すれば、民事再生法の知識などを学習する必要がありません。債権者や再生委員、裁判所との交渉などは全て弁護士がやってくれるので、時間や手間を省くことができます。個人再生の手続きを弁護士に依頼すれば、自分だけで対応する必要がなくなります。
精神的な面でも不安がなくなり、弁護士に依頼すれば、取立てもすぐに止まります。弁護士が債務整理を受任したことを各債権者に通知すると、直接取立て行為をしてはならないという法律上の決まりがあるので、取立てはストップします。
個人再生の手続きを司法書士に依頼する人もいますが、司法書士の場合、再生手続の代理人になることができません。そうなると、裁判所や再生委員事務所への出頭は本人が行かなければならなくなります。その点、弁護士は個人再生手続全般について代理人となることができるので、一緒に参加することができます。

-個人再生

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.