借金問題

借金があると生活保護を受けられない

投稿日:

借金の返済で生活が苦しいので、生活保護を受けたい。

このように考えている方もいることでしょう。
私も借金の返済で追い込まれていたとき、生活保護を受けたいと思いました。
そして、生活保護を申請するため、本を買いました。その本を読んで、ショックを受けました。
借金があると生活保護が受給できない、というようなことが書かれていたのです。
借金があっても生活保護の申請はできます。
しかし、借金があると、認められないようです。
その理由は、生活保護の受給費を借金の返済に充てられないからです。生活保護費は最低限の生活を維持するためのお金。借金の返済を助けるためのお金ではないのです。そのため、借金があると、生活保護が認められないわけです。

では、借金がある場合、どうすればよいのでしょうか?
まずは、借金をなくすことです。生活保護の申請はその後になります。
返済能力がなければ、自己破産で借金の返済義務をなくしましょう。

相談先としては、債務整理に強い弁護士か司法書士がよいのですが、以下のところで生活保護も含めて相談したほうがいいでしょう。

市の生活相談所
法テラス

市の生活自立サポートセンターのようなところがあれば、まずはそちらで相談しましょう。
市役所に電話をかけ、借金整理の相談と生活保護の相談ができるところがないか、聞いてみてください。

借金があると生活保護を受けられないとよくいいますが、これは本当です。
しかしある意味嘘とも言えます。
生活保護は、生活が困っている人に支給される制度だからです。ただ、生活保護の費用は、人が生きていくために使われる費用なので、借金の清算には当てられません。借金の清算まで生活保護でまかなえるほど甘くありません。生活保護は、最低限度の生活を営むために支給される費用なので、借金がある場合、生活保護申請はできません。
しかし本来、生活保護の申請は拒否できないものなのです。申請したからといって必ず貰えるものではないのですが、法律では、申請は受理しなければならないことになっています。
つまり何が言いたいのかというと、借金がある人は、まず弁護士に相談してみることです。仮に借金で明日食べる物も無いような状態であれば、債務整理を視野に入れた上で弁護士が検討してくれるかもしれません。債務整理や生活保護の申請に強い弁護士に依頼すれば、債務整理と生活保護の申請をセットにして面倒をみてくれる可能性があります。借金があると生活保護は絶対に受けられないということはないのです。

-借金問題

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.