債務整理

家族に知られず債務整理する方法

投稿日:

家族に内緒で債務整理をしたい。
債務整理することを家族に知られたくない。

このような方も多いことでしょう。
家族に内緒でするのはかなり難しいといえます。
とくに、自己破産は難しいです。リスクもあるので、できれば家族に伝えておいたほうがいいでしょう。

私は任意整理の経験があるのですが、その経験をもとにいえば、任意整理は家族に内緒ですることが可能だと思います。
ただし、依頼する弁護士や司法書士に協力してもらわないと、家族にバレてしまう恐れがあります。
なので、最初の相談のときに、「家族に内緒で債務整理をしたいのですが」と伝えておきましょう。そうすれば、連絡方法や郵便物などに気を使ってくれるはずです。
私の場合、法務事務所から事務所名、司法書士名、住所などを印刷してある封筒が送られてきました。私の場合、債務整理について妻に相談していたので、問題はありませんでした。もし、内緒でしていたら、この封書でバレていたかもしれません。そういえば、司法書士からFAXが送られてきたこともありました。
このように、弁護士や司法書士に「家族に内緒で」と伝えておかないと、弁護士や司法書士の名前が書かれた郵便物などが送られてきてしまいます。注意してください。

債務整理をすると、個人の信用情報に記載されます。俗に言う、「ブラックリスト」に載ってしまうわけです。
当然、新規の借り入れができなくなるので、家族に伝えておいたほうがいいと思います。
話を切り出しにくいと思いますが、家族に伝えて、債務整理に協力してもらったほうがいいでしょう。

 

家族に知られず債務整理をするときは弁護士に協力してもらう

基本的には難しいのですが、弁護士の協力を得れば、何とかなるかもしれません。
家族に知られず債務整理する場合、債権者の存在を排除する必要があります。債権者から何等かのアクションがあると家族にバレてしまうので、家族に知られないようにするには、債権者からのアプローチを避ける必要があります。
債務整理手続きを弁護士に依頼すると、弁護士が債権者に対して受任通知します。そうすると、債権者は以後、債務者に直接連絡をとることができなくなります。債権者からの連絡や支払いの督促が来ることがなくなれば、家族に知られることはありません。
債務整理を専門家に依頼すれば、家族にバレやすい債権者の存在を排除できるので、家族に知られずに債務整理ができます。
ただ、弁護士との連絡手段には工夫が必要です。債務整理手続き中、弁護士から電話がかかることもあるので、それが家族にバレると、不審がられてしまいます。そのため、電話は必ず携帯電話にかけてもらうようにしないといけません。郵便物なども、差し出し人は個人名にしてもらうなどの配慮が必要です。

-債務整理

Copyright© 債務整理|借金生活から抜け出す方法 , 2017 AllRights Reserved.